Archiv der Kategorie Allgemein

コスパでエルメスのバッグ選ぶなら、プリュムがおすすめ !?

エルメスのバッグといえば、「バーキン」や「ケリー」をイメージする方が多いと思います。しかし、エルメスには他にも名作と呼ばれるバッグがたくさんあります。

今回は、そんなエルメスの名作バッグたちの中から「プリュム」をご紹介していきます。

エルメス プリュム とは?

プリュムの3つの特徴

① プリュム(PLUME)とは、フランス語で”羽毛”を意味します。その名の通り、とても軽量で使いやすい
② 30年以上前から製造され続ける名品
③ 豊富なカラーバリエーション、素材、サイズで展開されていて、自分の好みにピッタリなバッグを見つけやすい

さらにプリュムバッグには、エルメスの名品バッグとしての特徴以外にも、リセールバリューの優秀さもあります。

リセールバリュー とは?


リセールバリューとは、ひとことで言うと再販価値です。
再販価値とは、一度購入したものを販売する際の価値のことを意味します。

つまり、「購入した金額」と「販売した時の金額」の差が少ないほど優秀になり、販売した値段が購入した値段を上回れば、極めて優秀といえます。

ではなぜ、プリュムのリセールバリューは優秀といえるのでしょうか?

「バーキン」と「プリュム」のリセールバリューを比較

バーキンはリセールバリューが非常に高く、新品または未使用品であれば国内定価以上で取引されるケースが殆どです。

今回お伝えしたいポイントは、リユースアイテム(中古商品)で購入した場合の「額面の差」に注目していきます

■バーキンとプリュムの国内定価

バーキンの中間サイズ(30㎝)で国内定価でおよそ135万程度。
対して、プリュム中間サイズ(32㎝)で120万程度と、どちらも非常に高価なバッグです。

エルメス

■リユースアイテム(中古品)の販売価格
〇バーキンの場合
綺麗な状態のリユースアイテムでも、140万~180万がおおよその販売価格と言われています。
およそ使用した期間を1年程度と仮定すると、リセールギャップ(購入した価格と販売価格の差額)は40万円程度と思われます。

「40万円も損をしたくない!」

と思われる方が多いとは思いますが、割合で見てみると購入金額の60~70%くらいは手元に戻ってくる計算となります。
ただし購入金額が大きく、どうしても”額面上のギャップ”が大きくなってしまいます。

〇プリュムの場合
リユースアイテムで綺麗なコンディションだと、30万円台で購入できるケースが多くあります。
では、買取りに出すといくらくらいになるでしょうか?

そこまで使用感が目立たない状態であれば、およそ15~20万前後の買取価格になると思われます。
つまり、綺麗な状態であれば、リセールギャップは10万円程度になる可能性があります。

極端かもしれませんが、リセールギャップが10万円程度であれば、定価が120万円程度のバッグを、1日あたり300円ほどの出費で所有できる、と考えることもできます。

まとめ

バッグは女性にとってのファッションアイテムであり、買取りに出す前提に購入する方は少ないかと思います。

ただし、高価なバッグになればなるほど、
「長く使うことができるか」「不要になったらどうしよう」「手放すときに後悔しないか」など
どうしても、機能やデザインではなく、資産としての価値を考えてしまいます。

購入する全てに対し、家や車と同様に資産価値を考える必要はないと思いますが、賢く買い物をするための選択肢の一つとして、リセールバリューを購入時の判断基準のひとつとしてはいかがでしょうか。

出典:https://www.komehyo.co.jp/brand-note/article/453

銀座ワシントンの人気ブーツ3選♪

銀座ワシントン
■出番が多くなる定番カラーは、履きやすさにこだわりアリ!
上質な素材使いと日本人女性の足にフィットする確かな作り、信頼の一足が見つかる日本を代表する歴史と伝統のある靴専門店。
修理やクリーニングといったアフターケアも充実。末永く愛用していきたい本格ブーツならココは外せません。

washinton1

すらりと美人顔のショートブーツは、ウィズが幅広3Eもあり足入れゆったり。素材はもちろん牛革。足をしっかり支える構造で、機能性にも優れた定番です。washinton2

コンサバ派な大人に選ばれるこちらは、脚をすっきりと見せるVカットラインにこだわったショートブーツ。こちらも実は幅広3E。

washinton3

シーンを選ばずヒールが楽しめる、軽くて疲れにくい厚底ブーツ。7cmヒールでも前方が5cmの厚底になっているから安定感は◎

agnes b. VOYAGE(アニエスベー)

agnes b. VOYAGE(アニエスベー)

シンプルカジュアルなお財布や腕時計で支持されているフランスのファッションブランド。
アニエスベーキーケース1


これ欲しい♪
キズが目立ちにくい、細かいエンボス加工のガラスレザーを使ったキーケース。モダンな四角いメタルネームと、カラーコンビがアニエスベーらしいデザインに仕上がっています。
アニエスベーキーケース2


これ欲しい♪
イタリア製の牛革にドットの型押しをしたキーケース。上品で華やかな印象が特徴です♪

アニエスベーキーケース3


これ欲しい♪
ラインとステッチ使いがアクセントになったロングセラーシリーズ☆ どんなコーデやシーンにもマッチします。

ルイ・ヴィトン×ウルス・フィッシャー“手描き”モノグラムのバッグやウェア、猫や鳥を描いたスカーフも

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)は、アーティストのウルス・フィッシャーとコラボレーションしたレザーグッズやプレタポルテ、シューズ、アクセサリーのコレクションを、2021年1月1日(金)に発売する。

モノグラムパターンを全面的に再解釈

ネヴァーフルMM 283,000円+税  ※予定価格
31.0×14.0×28.0cm

ウルス・フィッシャーは、スイス出身のコンテンポラリーアーティスト。2019年の「アーティーカプシーヌ コレクション」においても、ルイ・ヴィトンとコラボレーションを行っている。

今回発売されるコラボレーションコレクションでは、フィッシャーが再解釈したシグネャーモノグラムを配したアイテムを展開。アイコニックなモノグラムパターンの全面的な再解釈を託された数少ないアーティストのうちの1人として、フィッシャーはモノグラム・フラワーモチーフととLV イニシャルを咀嚼して自身の世界に取り込み新たなバージョンを作成した。

ステラー・ライン スニーカー 103,000円+税 ※予定価格

「メモリー・スケッチ」と称した手描きの表情豊かなモノグラムパターンを、アイテムの特性に合わせてサイズ、遠近感、カラー、再現テクニックを調整しながらデザインに落とし込んでいる。ウェアやバッグに加え、スニーカーや、シルクもしくはウールのショール、ウールストール、スカーフといったアクセサリーにも注目だ。

ウェアにはボディラインに添ってプリント

ジャージードレス 298,000円+税 ※予定価格

カラーはブラック×レッド、ブラック×ホワイトの2色を用意。スポーティーなTシャツや、ジッパー使いのジャケット、パンツ、ドレス、トップスといったウェアには、プリントにひねりを加えることでボディラインに添うような工夫が施されている。

バッグは独特な風合いに

スピーディ・バンドリエール25 291,000円+税  ※予定価格
25.9×15.0×19.0cm
25.9×15.0×19.0cm

バッグは、トートバッグの「カバ」「オンザゴー」「ネヴァーフル」やショルダーストラップ付ハンドバッグの「スピーディ」、コンパクトな「ポシェット・アクセソワール」などがラインナップ。ベルベットのような質感の素材に絶妙な起伏を生み出す「タフタージュ」技法を採用し、より一層独特な風合いに仕上げている。

動物を描いたシルクスカーフも

また、ウルス・フィッシャーがデザインした動物のキャラクターを配したシルクスクエアスカーフも登場。バナナの皮を寝床にしている猫、卵とアボカドの組み合わせ、電球を抱えている猫、桃を運んでいる鳥といった遊び心あふれるモチーフは、シルクスカーフのみならずストアのウィンドーディスプレイの装飾にも用いられる。

 

■人と差がつくデザインは、足にフィットするのも◎

ルタロン(Le Talon)
仕事にも休日にもデイリーユースできる丈夫な作りに加え、トレンドデザイン&カラーに挑戦しやすい価格帯も嬉しいコスパブランド。
その一方でシンプルな定番ブーツの品揃えが多く、鉄板から流行モノまで幅広く取り扱いアリ。

ルタロンの人気ブーツ3選♪

letalon1

毎年の定番”として人気の、くるぶし丈ブーティ。パンプス感覚で履けるからデイリーユースで使いやすいです。可愛いピンク色もアリ。letalon2

ボトムスを選ばない万能ショートブーツは、モダンなビット金具がアクセント。「ヒールが苦手…」という人でも歩きやすい3.5cmの低ヒール。letalon3
足首ほっそり見え”も自慢のミドル丈ブーツは、トレンドの「ベロア素材」で今っぽい雰囲気♪ 7cmヒールでもクッション&太めで足あたり柔らか。

ブログの推奨事項:個人の毎日の着用体験と関連ニュース

タトラス(TATRAS)

タトラスについて

スタイリッシュに着こなせるダウンジャケットで人気有名なタトラスは、今やオシャレ上級者なOLさんやママさん御用達。

そんなタトラスは「機能的・洗練・唯一無二」の3つをテーマに、2006年からイタリア・ミラノに拠点を置きスタートしたアウターブランド。そのスマートな見た目から「ドレスダウンジャケット」とも言われています。

タトラスの人気ダウン&コート

TATRAS1

裾フレアデザインのダウンは、ウエスト部分が細く見えるようメリハリあるシルエットになっているから”閉めても”素敵。
そして、ショート丈なら今季トレンドのボリュームボトムス(ガウチョパンツやワイドパンツ)とも好きバランス!

TATRAS2
美シルエットのAラインが魅力的なロングダウンは、通勤~お出かけまで使える1着は持っておきたい冬のマストアウター。
こちらはウエスト部分がリブになっていてスッキリ見えるようにこだわったています。フードが取り外しできるのも◎TATRAS3
スポーティ&ラグジュアリーを叶えてくれる毎年人気のダウンベスト。ありがちなモコモコ感がなくてスッとスマートに着こなせます。
ニットワンピやタイトスカートも合わせていけるのはタトラスならではです。

 

エルメスのブランドタグとは|洋服の年式とデザイナーを見分ける判断方法

はじめに

エルメスの洋服は世界最高峰の品質を誇り、その着心地と細部の作りで世界中のセレブたちを多く魅了しています。

今回はそんなエルメスの洋服から、レディースのブランドタグについて読み解いていきたいと思います。

エルメスのブランドタグ

1990年代後半~2000年頃

▼タグの特徴

ブランド名・・・欧州系の書体によく見られるカスロン書体に近いデザイン
タグの特徴・・・横長の長方形、裏面に生産国が刺繍されている

▼当時のデザイナー
マルタン・マルジェラ
フランス発のブランド、メゾンマルジェラ(Maison Margiela)の創始者です。
メゾンマルジェラはブランド名の記載がなく、数字が並んでいるだけのカレンダータグが有名です。
マルタン・マルジェラは表舞台にはほとんど顔を出さず、写真もほとんど存在していない、非常にミステリアスな人物と言われています。
2008年にデザイナーを退任してなお、その作品はクラシックなシルエットと独創的な視点が同居するワードロープが長きに渡って人気を集めています。

マルタン・マルジェラがデザイナーを務めた時代のエルメスの洋服は今でも根強い人気があり、年齢問わず全世界のファッショニスタたちがこぞって探しているアイテムです。

2005年~2015年頃まで

▼タグの特徴

・ブランド名・・・HERMES PARISが2行に分かれて記載。HERMESとPARISの間にあった「-(ハイフン)」がなくなる
・タグの特徴・・・正方形に変更。四隅は黒い糸で縫い付けられている、生産国はブランド表記とは別の生地に縫製されている

▼当時のデザイナー

ジャンポール・ゴルチエ(2005年頃)
ジャンポール・ゴルチエは1976年にフランスで自身の名を冠したファッションブランドを設立しました。
ゴルチエは1952年にフランスに生まれ、独学でファッションを学びました。その後、デザインのスケッチをスタイリストに送ったことをきっかけに、ピエール・カルダンに認められ、1970年にメゾンに入ります。
1976年に初のアクセサリーコレクションを発表し、同時にプレタポルテコレクションにデビュー。1976年にジャンポール・ゴルチエ社を設立、独立しました。

マドンナの舞台衣装やSUPREMEとのコラボレーションなど、クリエイティブな活躍を続けるジャンポール・ゴルチエ。アバンギャルドでパンクの精神を持ち合わせ、個性的なアイテムを手掛けています。

▼クリストフ・ルメール(2011年以降)
フランス・ブザンソン出身のクリストフ・ルメールは1990年に自身と同じ名のファッションブランドを立ち上げました。
彼は文学を専攻後、ファッションに転向。アトリエ・セーブルを卒業した後、ティエリー、ミュグレー、イヴ・サンローランのデザインスタジオを経て、1986年から1990年は、ジャン・パトゥ、クリスチャン・ラクロワのアシスタントとして活躍。
1987年にはギャラリーラファイエット財団賞、Andam賞も2度受賞し、2002年にはラコステのアーティスティックディレクターに就任。ブランドの再生に貢献しています。

日本人も馴染み深いUNIQRO Uのデザイナーを務めるクリストフ・ルメール。
着る人の個性を生かすための強さと静寂の完璧なバランスを追求したデザインが特徴的であり、根強い人気を誇っています。

■最後に

ブランドタグとデザイナーの年式での移り変わりを覚えていれば、今までとは違った視点でエルメスの洋服を見ることが出来るのではないでしょうか。
もしかしたら、好きなデザインは全て同じデザイナー、なんてこともあるかも知れません。

自分の好みに合ったエルメスの洋服を、年式別・デザイナー別に探してみてはいかがでしょうか。

HETREGO(エトレゴ)

■コンサバ・きれいめ派必見! きちんとしたい日に映えてバッチリ防寒もしてくれます。
イタリアで100年の歴史を誇る老舗ダウンメーカー「MINARDI」社が手がけるファクトリーブランド。イタリアらしい攻めたデザイン、美しい発色、ハイクオリティダウンの3つを兼ねそなえつつ、徹底的にコストを抑えることができるのはダウンメーカー発だからこそ。
ファッションの聖地「ミラノ」に映えるエレガントなダウンコートが揃っています。

エトレゴで人気のダウンコート

エトレゴSKYLARK

【SKYLARK】
エトレゴで毎年完売するほど人気がある定番ダウンコートがこの「スカイラーク」。膝丈上+ウエストシェイプの女性らしいシルエットが自慢。しかも衿元にはフォックスファーを贅沢にあしらうことでラグジュアリーな大人らしい仕上がり。
お仕事・お出かけ・ママのきちんとしたい日まで、シーンも選びません。


エトレゴCHEVY

【CHEVY】
女性らしいAラインシルエットと、ほんのりある光沢感がとても上品なダウンコート。
衿元には同色ラビットファーでリュクス感も◎。長すぎず短すぎずバランスのいい着丈は、スカートとの相性もバツグンです!


エトレゴQUEEN

【QUEEN】
カジュアルな雰囲気のモッズコートもエトレゴならば「高級感+女性らしさ」のあるカジュアルに。
ほどよく光沢感のある素材とリッチなファーは、まさにオトナこそ似合うモッズコート。上品な紺色、大人かっこいいカーキ色の2色展開。

クリスマス、バレンタイン、周年記念や誕生日など。あらゆる節目で彼氏、夫、男友達に感謝の思いを伝える時、どんなプレゼントを選んでいますか。彼氏、夫持ちの女性の皆さんにむけて20代男性に喜ばれるプレゼントのベスト3をご紹介します。

1.アドバン 名刺入れ

最高級のクオリティを追求するために、細部の美しさにこだわり抜いた熟練の職人が、その技術と感性を最大限に注ぎ込んだ『FESON』名刺入れです。アドバン長財布では内装には厳選したキメが細かい良質ヌメ革を採用しているため、長く重宝できる商品です◎ぜひ大切な方への贈り物・自分へのご褒美にいかがですか?

2.VANQUISH ティグレ 三つ折りKeyケース

小銭入れとカード入れが付いたシンプルなキーケースは、コンパクトで使いやすいので、男友達も使いやすい逸品。
無駄のない便利な機能を1つに集約し、素材から縫製にまでとことんこだわった本革キーケースは大学生から20代前半の社会人のプレゼントに最適なアイテムに。
価格は約5,600円と他ブランドにも劣らない品質の誕生日プレゼントを選んでみるのも“アリ”ですね。

3.ロレックス デイトナ コピー

最高級 ロレックス レプリカ シードゥエラー ディープシー Dブルー 126660
型番 126660
機械 自動巻き
材質名 ステンレス
ブレス・ストラップ ブレス
タイプ メンズ
カラー D-blue
外装特徴 回転ベゼル
ケースサイズ 44.0mm
機能 デイト表示
ヘリウムガスエスケープバルブ
付属品 内箱
外箱
ギャランティー
2018年のバーゼルワールドで発表されたディープシーDブルーのニューモデル【126660】。
前モデルの116660と同様に装備される“リングロックシステム”は、中央のセンターリングを上側から厚み5mmのサファイアクリスタルガラス、下側からグレード5チタン合金製の裏蓋で挟み込み、3900mもの驚異的な防水性能を保証します。
文字盤のブルーカラーの範囲が広がったことや、ケースラグのデザインの変更やブレスレットの幅を広くしたことの他に搭載されるムーブメントが最新キャリバー3235に変更されたことが最大の特徴です。
脱進機自体を軽量化したクロナジーエスケープメントや、耐磁性や耐衝撃性に優れたブルーパラクロムヘアスプリングを搭載し、さらに香箱の壁の厚みをこれまでの半分にすることでパワーリザーブを48時間から70時間まで飛躍的に向上させています。

関連ブログ:
おすすめのファッション商品、ホリデーギフト、季節の人気商品

大地の秋の歌

青天白日人の世はよく,金黄人の心がいっぱいだ。なぜ秋色が絵のように美しいのか,労働人民は巧みに刺繍している。

晩秋の季節だが,依然として強い日差しが降り続いている.私たちは麦わら帽子をかぶって、ミネラルウォーターを持って、黄金色の田んぼに来て、見渡すと、一面の黄金色の稲穂に目を奪われて、この一面の黄金色の田んぼを見て、勤勉な労働人民がいったいどれだけのきらきらとした汗を流したかを思い出させません。彼らはきらきらとした汗で美しい秋の色を描いています。彼らは勤勉な両手で豊作の楽章を書いた。

そうですね。秋はいい季節で、秋は収穫の季節です。私たちがあの黄金色の田んぼを离れて、もう一つの場所に来た时、見たものはもっと多くなりました。ここには平地も山の斜面もあります。それらの平地にはたくさんの農作物が植えられています。大豆、トウモロコシ、コウリャン、赤米、小米などがあります。特に多いのはトウモロコシとコウリャンです。それらのトウモロコシは重いトウモロコシの棒を背負って、人々が受け取るのを待っています。あの真っ赤なコウリャンも忙しい労働者に手を振っている。それからあの赤い耻ずかしい赤米も破壊していて、農民の友达、あなた达はまだ早く私を迎えに帰らないで、私は地底に下りて、ハハ!その小米だけはまだ慌てずに腰をかがめて悠々と笑っていた。

この金色の秋の収穫の季節に、農民の友达は本当に忙しくて、これも受け取るのを待っていて、あれも受け取るのを待っています。田畑の端であろうと、それらの山の斜面であろうと、至る所に勤勉な労働者が分布していて、おじさんとおばさんがいて、兄と姉がいて、イケメンであろうと美人であろうと、彼らは仕事を始めるととても力があって、彼らはさすが中国の強力な労働者だけあって、彼らも私たちの大中国で一番かわいい人ですね。数日もしないうちに、各家庭の部屋や日焼け場には、畑から収穫されたばかりの食糧品がいっぱい積んである。そこで、故郷の両親たちは家でいろいろな穀物を干して、干して倉庫に入れました。

それらの青壮年労働力の畑の地頭の各種の作物は、仕事がまだ終わっていないし、山の八角も収穫し、キウイも収穫し、栗も収穫した。また、油茶果も収穫されました。ほら、山の上の八角は実が鈴なりになっているだけでなく、遠くから香りが漂っていて、人々が早く摘み取りに行くのを促しています。彼女はできるだけ早くボスと結婚して、すべての家庭に収入を増やすことができます。私たちは八角林の中に来て、山いっぱいの八角の木の上に美男美女がいっぱい登って、彼らはすべて一刻を争うようにそれぞれの八角を摘んでいます。彼らは一袋の八角を道路に持って行って、直接社長に売って、それからお金を払って直接家に帰りました。キウイフルーツも栗もそうですが、道で直接買い付けを待っているオーナーがいます。油茶果だけは、家を回収して干してから売る必要があります。

ある秋に来て、勤勉な労働者は苦しい忙しさと労働を経て、やっといろいろな農作物の果実といろいろな経済作物の果実を収穫しなければならないことを収穫して、すべての家庭は勝利の笑みを浮かべて、楽しい喜びに満ちています。

馬、牛、羊、豚、鶏、アヒル、ガチョウは、家の中に食糧が山積みになっているのを見ていても、楽しい歌声を歌っていて、村全体が楽しい雰囲気に満ちています。山のサルやビーバー、リスなどだけが残念で悲しく、次の餌探しが難しいのではないかと心配しています。多くの鳥は依然として畑に行ってばらまかれた食糧を探して、食糧を腐らせないで、それによって惜しくて浪費します。

農民兄弟の勤勉な仕事を見て、畑の中の秋の景色を見て、私たちはまた自然の他の美しい景色を見に来て、普通の景色はありません。

自動車は国家級森林保護区内を行き来している。ここは森が茂っていて、種が豊富で、水がさらさらと流れていて、野果の香りが漂っている。私たちは渓流のそばに来て、滝を見て、滝は高い崖からまっすぐに流れて、まるで「飛流直下三千尺」の真実に表れて、本当に美しいです。山泉をもう一口持って食べてみると、山泉はとても涼しくて、清淳はおいしいです。心の中に沈んで、これこそ自然の本当のおいしさです。

車は原始林を出て、だんだん山の下へ行って、海抜はだんだん下がって、海抜の低下につれて、山の木の葉の色もだんだん変化して、あるものは黄色になって、あるものはすでに赤くなって、道端の紅葉は真っ赤で、とてもまぶしくて目を奪われて、あれらの全体の山林はすでにもとの緑から今の色とりどりになりました。

私たちは山のふもとに来て、小川のそばに来て、川の水がゆっくりと流れているのを見て、若い美人の少女たちは畑からサツマイモを選んで川で洗って、きれいに洗ったサツマイモを家に帰りました。

人々はよく「春華秋実」と言うが、実は、秋は実りが多いだけでなく、同じように非常に華やかで、その楽しみは尽きない。自然の秋を見て、秋の本当の意味を理解してこそ、秋の魅力を知ることができます。

私がまだ考えている間に、風が吹いてきて、紅葉が私の目の前を漂ってきて、彼女は赤くなって、彼女は草むらの中に飛んで行って、彼女をゆっくりそこに行かせて休みましょう!