大地の秋の歌

青天白日人の世はよく,金黄人の心がいっぱいだ。なぜ秋色が絵のように美しいのか,労働人民は巧みに刺繍している。

晩秋の季節だが,依然として強い日差しが降り続いている.私たちは麦わら帽子をかぶって、ミネラルウォーターを持って、黄金色の田んぼに来て、見渡すと、一面の黄金色の稲穂に目を奪われて、この一面の黄金色の田んぼを見て、勤勉な労働人民がいったいどれだけのきらきらとした汗を流したかを思い出させません。彼らはきらきらとした汗で美しい秋の色を描いています。彼らは勤勉な両手で豊作の楽章を書いた。

そうですね。秋はいい季節で、秋は収穫の季節です。私たちがあの黄金色の田んぼを离れて、もう一つの場所に来た时、見たものはもっと多くなりました。ここには平地も山の斜面もあります。それらの平地にはたくさんの農作物が植えられています。大豆、トウモロコシ、コウリャン、赤米、小米などがあります。特に多いのはトウモロコシとコウリャンです。それらのトウモロコシは重いトウモロコシの棒を背負って、人々が受け取るのを待っています。あの真っ赤なコウリャンも忙しい労働者に手を振っている。それからあの赤い耻ずかしい赤米も破壊していて、農民の友达、あなた达はまだ早く私を迎えに帰らないで、私は地底に下りて、ハハ!その小米だけはまだ慌てずに腰をかがめて悠々と笑っていた。

この金色の秋の収穫の季節に、農民の友达は本当に忙しくて、これも受け取るのを待っていて、あれも受け取るのを待っています。田畑の端であろうと、それらの山の斜面であろうと、至る所に勤勉な労働者が分布していて、おじさんとおばさんがいて、兄と姉がいて、イケメンであろうと美人であろうと、彼らは仕事を始めるととても力があって、彼らはさすが中国の強力な労働者だけあって、彼らも私たちの大中国で一番かわいい人ですね。数日もしないうちに、各家庭の部屋や日焼け場には、畑から収穫されたばかりの食糧品がいっぱい積んである。そこで、故郷の両親たちは家でいろいろな穀物を干して、干して倉庫に入れました。

それらの青壮年労働力の畑の地頭の各種の作物は、仕事がまだ終わっていないし、山の八角も収穫し、キウイも収穫し、栗も収穫した。また、油茶果も収穫されました。ほら、山の上の八角は実が鈴なりになっているだけでなく、遠くから香りが漂っていて、人々が早く摘み取りに行くのを促しています。彼女はできるだけ早くボスと結婚して、すべての家庭に収入を増やすことができます。私たちは八角林の中に来て、山いっぱいの八角の木の上に美男美女がいっぱい登って、彼らはすべて一刻を争うようにそれぞれの八角を摘んでいます。彼らは一袋の八角を道路に持って行って、直接社長に売って、それからお金を払って直接家に帰りました。キウイフルーツも栗もそうですが、道で直接買い付けを待っているオーナーがいます。油茶果だけは、家を回収して干してから売る必要があります。

ある秋に来て、勤勉な労働者は苦しい忙しさと労働を経て、やっといろいろな農作物の果実といろいろな経済作物の果実を収穫しなければならないことを収穫して、すべての家庭は勝利の笑みを浮かべて、楽しい喜びに満ちています。

馬、牛、羊、豚、鶏、アヒル、ガチョウは、家の中に食糧が山積みになっているのを見ていても、楽しい歌声を歌っていて、村全体が楽しい雰囲気に満ちています。山のサルやビーバー、リスなどだけが残念で悲しく、次の餌探しが難しいのではないかと心配しています。多くの鳥は依然として畑に行ってばらまかれた食糧を探して、食糧を腐らせないで、それによって惜しくて浪費します。

農民兄弟の勤勉な仕事を見て、畑の中の秋の景色を見て、私たちはまた自然の他の美しい景色を見に来て、普通の景色はありません。

自動車は国家級森林保護区内を行き来している。ここは森が茂っていて、種が豊富で、水がさらさらと流れていて、野果の香りが漂っている。私たちは渓流のそばに来て、滝を見て、滝は高い崖からまっすぐに流れて、まるで「飛流直下三千尺」の真実に表れて、本当に美しいです。山泉をもう一口持って食べてみると、山泉はとても涼しくて、清淳はおいしいです。心の中に沈んで、これこそ自然の本当のおいしさです。

車は原始林を出て、だんだん山の下へ行って、海抜はだんだん下がって、海抜の低下につれて、山の木の葉の色もだんだん変化して、あるものは黄色になって、あるものはすでに赤くなって、道端の紅葉は真っ赤で、とてもまぶしくて目を奪われて、あれらの全体の山林はすでにもとの緑から今の色とりどりになりました。

私たちは山のふもとに来て、小川のそばに来て、川の水がゆっくりと流れているのを見て、若い美人の少女たちは畑からサツマイモを選んで川で洗って、きれいに洗ったサツマイモを家に帰りました。

人々はよく「春華秋実」と言うが、実は、秋は実りが多いだけでなく、同じように非常に華やかで、その楽しみは尽きない。自然の秋を見て、秋の本当の意味を理解してこそ、秋の魅力を知ることができます。

私がまだ考えている間に、風が吹いてきて、紅葉が私の目の前を漂ってきて、彼女は赤くなって、彼女は草むらの中に飛んで行って、彼女をゆっくりそこに行かせて休みましょう!

女性がもらって嬉しいプレゼントはこれ

彼女や妻、また職場の同僚など。記念日やちょっとした御礼などで女性に何か贈り物をしたいけど何をプレゼントしたらいいのかわからない・・・という男性も多いのではないでしょうか?今回、女性がもらって嬉しいプレゼントについてまとめてみましたので参考にして頂けたらと思います。

1.ガーゼタッチ ハンドタオル 泉州タオル

日本名産タオルの一つである泉州タオルがベースになっているハンカチはいかがでしょうか。
泉州タオルの特徴はガーゼタッチなのに高級感があり、その吸水性と速乾性だと言われています。
その特徴を活かしたタオルハンカチなら、スポーティーな女性へのプレゼントや、家庭で使いたいという方にぴったりです。
ビビッドで元気になれそうなデザインがたくさんあり、もらった方もうれしくなりそうですね。
使いやすさバツグンのハンカチをプレゼントしてみては。

2.BREITLING時計偽物

ブライトリング レプリカ 新作 ナビタイマー01 46mm U017B-1NP
2018年発表のブライトリングの看板モデル「ナビタイマー」に自社製クロノグラフムーブメントのB01を搭載したマイナーチェンジモデルの【ナビタイマー1 B01 クロノグラフ46】。
ブライトリングの伝統ともいえる回転計算尺は引き続き装備したプロフェッショナルパイロットウォッチです。
文字盤12時位置のメーカーロゴがシンプルな『B』へと変更されています。
また、赤いクロノグラフ秒針もヴィンテージモデルを髣髴とさせ、ブライトリングならではのスタイルを際立たせています。
裏蓋はシースルーバック仕様となっていますのでCOSC認定のクロノメーターキャリバーB01の動きもお楽しみ頂けます。

3.ピンクトルマリンネックレス

カラフルでキュートなクローバーペンダント☆
ハートシェイプカットの可愛いカラーストーンを
四つ葉のクローバーにアレンジしました(o^∇^o)ノ
クローバーの上にはプチダイヤモンドがセットされていてちょっぴりゴージャス
乙女チックで可愛さ満点のアイテムはお出掛けやデートに最適です。
とってもキュートなデザインですが、かわいくなり過ぎないのは上品な輝きの ピンクゴールドに大きすぎないトップのバランスではないでしょうか。 大切な方へのプレゼントにもオススメ!

4.美しい指先が手に入るネイルトリートメント♡

しっとりと美しい指先へ導いてくれるブラシタイプのネイルトリートメント。うっとりするような香りに包まれて、液ダレしにくいジェル状のオイルが爪や甘皮に潤いを与えてくれます。ブラシタイプなのでどこでも塗りやすく、マニキュアやジェルネイルを長持ち

Find a quiet water moon.

In the dim morning light, I feel the value of time, the passing years, the troubles of lozenge, seems to be forgotten tangled together, always difficult to find a satisfactory solution to the problem. Although the morning light perceives a transcendent and leisurely mind trace, but always want to calm down to think about the solution of the key problem of the deadlock in what position.

No matter who is the originator of the confusion, it is impossible to follow every thought to trigger all kinds of persistent meaning, vaguely remember which is out of good intentions or good feelings. Self-reliance smart to involve the trouble that unclear habits, it seems that in the text between the solution can extinguish burning patience, stop the clouds floating in the sky, lying in the sky, it seems to become more and more vivid image of the object was captured.

Snotty ups and downs of the United States is really not a flower, or the beauty of a flower is just mountains and rivers scenery created, just like the rivers overflow when the turbid water body who also care about the peaceful heart, just feel hot poisonous light fierce shine on the earth. Unreasoning peace, undifferentiated silence, as in the boundless sea without any eye-catching signs.

The rest of the rain line wind after all different from the desire to follow the concept, the external expression of wooden dull few words, but the internal body and mind is hot with greed in the world of anxiety. Hesitating to lie in the garden of Chengying, the solar term of the beginning of autumn unexpectedly there are flowers in the purple and red of the fight with Fangfei. Gazing at the flower body bending and stretching, trying to listen to the wind in silence.This breath read the paper short feeling long thought of his birthday unexpectedly in such a beautiful season, so uneventful see long burst of petals quietly falling on the ground, also as is covered with a comfortable corolla.

Elegant canal on the water bank is still moonlight fish white, heard that the moon back is the light of the sun, their distance is so close, but each other concerned about the distant deliberate strange, as this sophisticated Acacia put down the moment, that pair of black eyes exudes bone white light. Wind blowing falling petals a piece of Wolf abandoned in the corner of the rain irrigation mud, color such as Ke snow annihilation of the broken end such as dust, eventually integrated in the soil.

Day after day, year after year, beautiful colors, the eternal incentive to live in this beautiful Fujia Chaohua, feel the vitality of the more vigorous. The stable flower root is full of wisdom and strength, and the root system of the sense branch absorbs the source of life. The flower blooms the wealth entangles the vulgar yesterday, for who bitter for who to live. Mud soiled the soles of your shoes, wipe the congealed mud with branches, gently leave this refreshing garden, like a paradise for sleep and rest, and think of coming here again when you leave.

The warm breath of the sun penetrated the thin early autumn, couldn’t help a trembling sneezing, in the white spittle stars flying light in the body of all the dirty cold seems to pour out, lonely and serious on the way home with love and hate. Impatiently lifting the soles of the shoes alleviated the sound of the feet falling, as if to do so could retract and listen to the proud flowers, like snow scattered in the hot air, cool perception that this has never been a wandering dream.

Put down the burden of thought, chest up walking still see slightly bulging belly, blood excited thinking in addition to the mood of a comfortable what really belongs to their own collection, as the plain garden, beautiful and exudes a clean and neat charm, although it seems to be very familiar with the appearance, but the taste of dull excitement.

おすすめおしゃれギフト厳選

きっとカワイイね!と喜んでくれるギフトに出会えます。お料理好きな友達はキッチングッズ、最新のオシャレを楽しむ友達はアクセサリーやバッグ。仕事に恋に頑張る女友達には、アロマなど癒しグッズや、バスグッズでゆったりくつろいでもらいましょう。気軽に贈れるブレスレットやピアス、そして小物をまとめて入れられるポーチ、雨の日も楽しくなる傘などは、実用的でGOOD。色んな友達の好みや年代に合わせて、自由にプレゼントがチョイスできます。

1.神秘的にジャスミンが香るオーガニックアロマディフューザー
最近人気のオーガニックコスメブランド『テラクオーレ』のアロマディフューザーです。日常の空間が上質になることでしょう。ボトルのデザインもお洒落でインテリアとして置いておくだけでも素敵です。
2.ハンドクリーム
女性には欠かせない”手元の保湿ケア”を叶えるハンドクリーム。
プレゼントに丁度いい3千円くらいのお値段ということもあって、保湿ケアプレゼントでは外せないアイテムになっています。
 裏地 ブラックコットンキャンバスとモアレ
 マグネット式スナップフラップ
 フロントに型押しBalenciagaのロゴ
内部仕様
 コインコンパートメント
 カード用スロット×6
Size 幅10cm×高さ7cm×マチ3㎝
1つは持っておきたいミニ財布。
アリーナメタリックレザーミニ財布のご紹介です!
ミニウォレットの魅力はなんといってもそのコンパクトさです。
小銭や紙幣、クレジットカード用のスペースを備えたすっきりとしたデザインで
持ち運びも便利!
小さなクラッチバッグやミニバッグ、ポケットにも入れられるので、
あまり現金を持ち歩かず、カード払いをする人にとっても重宝されます。
トレンドであるミニ財布をメインのお財布に、
あるいはお洒落してお出掛けするときのサブのお財布にいかがでしょうか。
自分へのご褒美や大切な方へのプレゼントにおススメの逸品です。

荊楚あぜ道の上は春は暖かくピエタもない

北国の春は寒くて、あぜ道の上の荊楚は春の意が早くて、至る所に黄金の甲を羽織って、桃の花はゆったりと甘えて、景色はちょうど美しくて、情は微妙で、一緒に誰と、共に良いことを鑑賞しますか? –題記

すでに立春になっているが、北方のジルーの大地にとっては、依然として寒々としていて、悲しくて惨憺たるもので、少しも暖かさがない。

嫌で、暖かくなって寒さが戻ってきて、夜は少し涼しくて、最も息を止めることができません。 不愉快で、一晩中風が吹いているのを聞いて、朝になっても、まだ冷ややかで、花の枝がいっぱいになっていない。 さらに不愉快で、綿入れの包みはまだ眠くて、解决しようとしたが、まだ冷たいニュースが伝わっていた。 待って待って、何日の気温を考えますか? 時期は待ちに待っているが,春日和が近いことを考えるだろうか。 朝な夕な,何思夢の中の羅チュールスカート?

北国は振り返るに堪えない中で,寒さは依然として変わらない。。 しかし楚南あぜ道の上を見て、景色は悠々としていて、鳥はさえずり、情糸のボタン、一面の錦繍は荆州に入っています。

一筋の清風をまじる軽やかなあぜ道は、湖の久しぶりの波を暖かく吹く。 意図的に記憶の荒涼を封じることはなくて、よりによって暗い眉を隠して、かつての過去をロックします。

鳳凰台憶吹簫、一曲鳳求鳳凰演繹千年哀傷、千年の寂しさは千年の心の腸を訴えきれない。 あなたと私は元気で、夢を同郷に誘って、酒を軽く歌って赤い化粧をします。

春の夢が絡みつき,春の情が醸し出され,虚虚実実,考えてはならない。。 夢が西の世界にならなければ,この世で二重になることは難しい。。 春風がそっと頬をなでると、ゆっくりと柔郷を覆い、両瞳で春を切り、一人、一景、一黄梁を切り出した。

あぜ道の上に香りが漂っているのを嗅いで,菜の花が咲いているのを見て,あたり一面黄金色である。

極目の遠く、幾重にも細かい波が立つ。それは誰の家の小さな娘が、金の海の中でひらひらと踊る。秋の悲しみ、冬の寂しさを忘れ、三時の良辰を断ち切り、一季に咲き乱れる。

長沙堤、黄金岸、ショーケース、流れて帰ることを忘れています。 酔って花の間に寝そべって、歌を歌って夜を歌って、年を背負ってはいけない、今を背負ってはいけない、春の意気込みを背負ってはいけない。

欄干にもたれて、一面の黄ばんだ色を見て、空を見上げて、垣根は1面の情の長さを遮ることができません。 指先は軽くあの柔らかい蕊に触れて、耻ずかしさの中でかすかな媚を透き通っています。 蝶は二人でうろついているが、あなたの情熱的な美しさからはなかなか飛べない。 あなたの映日清輝に夢中になって、更にあなたのこの梦の中の香りに絡みついて。 あなたは牡丹の貴重なものではありませんが、清新で、自然で、人の心に染み込んでいます。 あなたは百花の甘美さがなくて、春先の魅力的な酔いを持っています。 あなたは花のようではありませんが、料理の中の花魁です。あなたを爱するために多くのことを言う必要はありません、ただあなたが身を舍ててあの純粋な涙になって、後悔したことがなくて、世は輪廻します。

一季の香りを挽いて悠々としたあぜ道の上で、一冬の寒さがすっかり抜けて、誰が満園春菲を許することができます。

桃の花、その華を灼熱して、婉曲に水を立てて、花の紅粉蕊、独占的に媚びて、幽谷平川あなたは最も魅力的な美しさです。

誰が私に三生三世、十里の赤い化粧、花ろうそくの洞窟、錦被刺繍ベッド、同じ枕のオシドリ、共に優しい郷に入ることを許したのか。

誰が私の三生三世を許して、十里の桃の花、花の下で情話をして、酒を温めてお茶を煮て、詩を詠んで絵を描いて、夕陽の西下を見て流霞を染めて、君の情に背かず、妾の意に背かず、韶光の年華に背かない。

あぜ道の上の桃の花、十里の赤い、君と同を見ないで、しかし孤影鎖憂いの顔を教えて、涙があふれて、酒に酔って踊ります。

あぜ道の上の桃の花、春風を笑って、春風は彼女を笑ってあまりにも薄命で、一朝に吹いて落成して花の塚になって、誰が花の銘を起草します。

毎年また、毎年、桃の花の渡し場は空で待っています。 情悠悠、双涙流、長い空雁字情糸ボタン、碧水オシドリ交首游、どうして君が来ないで、独留紅妆相思痩せ。

緑一筋が荊楚のあぜ道を横切ったが,荒涼とした寂しさはどこへ行ってしまったのか,ただ青一色に風に向かって笑うように教えただけだった。

長い堤防を漕いで渡ると,長い堤防は緑のシャツをまとっている。 生け垣を渡ると,つるの生糸が綿々と絡み合っている。。 湖をこぎ渡ると,清水が青い波を漂う。 小川を漕いで、小川のそばで菖蒲が舞っていて。。。。。。。

この緑のヤナギを軽くすると、ヤナギは翠を吐いて薄い眉を描き、ヤナギの糸の脈は恥ずかしさを含んで垂れ下がっている。 聞いて、枝の上でうぐいすの鳴き声はもろくて、その声は人を酔わせて、まるで玉琴の曲が千回回って、弦が心の扉に入ってくるようです。 ほら、紫燕は翼より飛んで、尾は春の水を切って。 二人とも泥をくわえて巣を作り,ささやいて千秋の歳をさえずった。。

この緑が山川を軽くすると,山川は笑顔を見せる。。 さらに晴れ渡った空が青くなり,雲が雲を巻き上げて雲海がひっくり返る。。 この景色はちょうど美しく,恋心がない。 誰が長いため息をついて,余生の影は孤独であると嘆いたか。。 誰が,酒に酔って欄にもたれ,夢の中では眺めることができる。 誰だ、素筆落残箋、痴写三生縁。 誰、また長い夜長い眠りたくなくて、涙は枕のほとりに落ちて、更に心を煎じます。。。。。。春暖、まだ寒さを感じて、天を眺めて遠くて、天は果てしなくて、非情に切って、塵の縁を切って、青い糸が切れて、それから山水の間を云游します。

相思相待ち望んで、相痴相守して、また一年の春が来て、東君は弦を払って花を落としてやせます。 ほのかな影はほのかで,あぜ道の上の楚はいっそう憂いを添える。。

雨は春の酒のようで、芳草の葉が濃く、百花が枝をほころばせ、楊柳の情思悠に酔い、玉の人はまだ恥ずかしく、荆州に酔い、風流を数える。

そ愿,春暖,無殇;ひ、 花咲く、未央、 四時、吉祥; 美しい山河につつがない

A gift from God.

God gives wings to birds, eagles hover in the blue sky with it, ostriches take it as a burden, penguins use it as fins to roam in the ocean, the same thing is a gift given to us by God, each person uses it differently, his effect is not the same, for the gift given to us by God, we must make good use of it and make it play the greatest utilization in our life.

Stephen. Hawking, the legendary name affects how many people, he faced with paralysis, not complain, but put it as a gift in general collection, use of their own body can not move the advantage of deep thought never distracted, thus made amazing scientific achievements, there are many people face this situation of paralysis, but who use this? Most of them are „Oh, this life is over, you have to wait for death.“ Such people and Hawking. Who is more respected?

There is a saying in the West, „God is fair to everyone.“ In my opinion, it should be understood as follows: „What God gives to everyone is equivalent, but how to find and make use of them is entirely up to you, because no one, including God, can live. Your life is up to you.“

In fact, God’s gifts are everywhere: wind, sunshine, relatives, friends … but they are all God’s gifts, and no one discovers them. So the discovery of God’s gift is the first part.

To discover the gift of God one must look into the details of one’s life and feel the value of it with the heart, not the brain. And measure out the application in the outside life.

The second part is to apply their value, to do this step is actually easy, first of all, we have to improve our ability. Imagine that if Hawking did not have a large amount of knowledge before his illness, even if he had this favorable condition after his illness, there was nothing he could do. Because he doesn’t have the ability to run his own gifts. It’s like giving a child a car. A car is a good thing, but if a child can’t use it, it’s no use giving it to him.Moreover, we should use these things appropriately. We can use a thing, a condition, and be able to maximize their value are two different concepts. If penguins‘ wings had not degenerated into fins, they would have to migrate long distances. But after arriving at the South Pole, the weather is extremely cold and needs a lot of fat, but with a lot of fat, it is not fast to fly. At this time, if you continue to fly, it will be harmful to the whole population.So it degenerates into a fin, so it can use its own characteristics to the maximum extent.

Look at all the gifts God has given us, take advantage of it, and make the most of it according to the circumstances.