エルメスのバッグといえば、「バーキン」や「ケリー」をイメージする方が多いと思います。しかし、エルメスには他にも名作と呼ばれるバッグがたくさんあります。

今回は、そんなエルメスの名作バッグたちの中から「プリュム」をご紹介していきます。

エルメス プリュム とは?

プリュムの3つの特徴

① プリュム(PLUME)とは、フランス語で”羽毛”を意味します。その名の通り、とても軽量で使いやすい
② 30年以上前から製造され続ける名品
③ 豊富なカラーバリエーション、素材、サイズで展開されていて、自分の好みにピッタリなバッグを見つけやすい

さらにプリュムバッグには、エルメスの名品バッグとしての特徴以外にも、リセールバリューの優秀さもあります。

リセールバリュー とは?


リセールバリューとは、ひとことで言うと再販価値です。
再販価値とは、一度購入したものを販売する際の価値のことを意味します。

つまり、「購入した金額」と「販売した時の金額」の差が少ないほど優秀になり、販売した値段が購入した値段を上回れば、極めて優秀といえます。

ではなぜ、プリュムのリセールバリューは優秀といえるのでしょうか?

「バーキン」と「プリュム」のリセールバリューを比較

バーキンはリセールバリューが非常に高く、新品または未使用品であれば国内定価以上で取引されるケースが殆どです。

今回お伝えしたいポイントは、リユースアイテム(中古商品)で購入した場合の「額面の差」に注目していきます

■バーキンとプリュムの国内定価

バーキンの中間サイズ(30㎝)で国内定価でおよそ135万程度。
対して、プリュム中間サイズ(32㎝)で120万程度と、どちらも非常に高価なバッグです。

エルメス

■リユースアイテム(中古品)の販売価格
〇バーキンの場合
綺麗な状態のリユースアイテムでも、140万~180万がおおよその販売価格と言われています。
およそ使用した期間を1年程度と仮定すると、リセールギャップ(購入した価格と販売価格の差額)は40万円程度と思われます。

「40万円も損をしたくない!」

と思われる方が多いとは思いますが、割合で見てみると購入金額の60~70%くらいは手元に戻ってくる計算となります。
ただし購入金額が大きく、どうしても”額面上のギャップ”が大きくなってしまいます。

〇プリュムの場合
リユースアイテムで綺麗なコンディションだと、30万円台で購入できるケースが多くあります。
では、買取りに出すといくらくらいになるでしょうか?

そこまで使用感が目立たない状態であれば、およそ15~20万前後の買取価格になると思われます。
つまり、綺麗な状態であれば、リセールギャップは10万円程度になる可能性があります。

極端かもしれませんが、リセールギャップが10万円程度であれば、定価が120万円程度のバッグを、1日あたり300円ほどの出費で所有できる、と考えることもできます。

まとめ

バッグは女性にとってのファッションアイテムであり、買取りに出す前提に購入する方は少ないかと思います。

ただし、高価なバッグになればなるほど、
「長く使うことができるか」「不要になったらどうしよう」「手放すときに後悔しないか」など
どうしても、機能やデザインではなく、資産としての価値を考えてしまいます。

購入する全てに対し、家や車と同様に資産価値を考える必要はないと思いますが、賢く買い物をするための選択肢の一つとして、リセールバリューを購入時の判断基準のひとつとしてはいかがでしょうか。

出典:https://www.komehyo.co.jp/brand-note/article/453