Archiv für November 2020

タトラス(TATRAS)

タトラスについて

スタイリッシュに着こなせるダウンジャケットで人気有名なタトラスは、今やオシャレ上級者なOLさんやママさん御用達。

そんなタトラスは「機能的・洗練・唯一無二」の3つをテーマに、2006年からイタリア・ミラノに拠点を置きスタートしたアウターブランド。そのスマートな見た目から「ドレスダウンジャケット」とも言われています。

タトラスの人気ダウン&コート

TATRAS1

裾フレアデザインのダウンは、ウエスト部分が細く見えるようメリハリあるシルエットになっているから”閉めても”素敵。
そして、ショート丈なら今季トレンドのボリュームボトムス(ガウチョパンツやワイドパンツ)とも好きバランス!

TATRAS2
美シルエットのAラインが魅力的なロングダウンは、通勤~お出かけまで使える1着は持っておきたい冬のマストアウター。
こちらはウエスト部分がリブになっていてスッキリ見えるようにこだわったています。フードが取り外しできるのも◎TATRAS3
スポーティ&ラグジュアリーを叶えてくれる毎年人気のダウンベスト。ありがちなモコモコ感がなくてスッとスマートに着こなせます。
ニットワンピやタイトスカートも合わせていけるのはタトラスならではです。

 

エルメスのブランドタグとは|洋服の年式とデザイナーを見分ける判断方法

はじめに

エルメスの洋服は世界最高峰の品質を誇り、その着心地と細部の作りで世界中のセレブたちを多く魅了しています。

今回はそんなエルメスの洋服から、レディースのブランドタグについて読み解いていきたいと思います。

エルメスのブランドタグ

1990年代後半~2000年頃

▼タグの特徴

ブランド名・・・欧州系の書体によく見られるカスロン書体に近いデザイン
タグの特徴・・・横長の長方形、裏面に生産国が刺繍されている

▼当時のデザイナー
マルタン・マルジェラ
フランス発のブランド、メゾンマルジェラ(Maison Margiela)の創始者です。
メゾンマルジェラはブランド名の記載がなく、数字が並んでいるだけのカレンダータグが有名です。
マルタン・マルジェラは表舞台にはほとんど顔を出さず、写真もほとんど存在していない、非常にミステリアスな人物と言われています。
2008年にデザイナーを退任してなお、その作品はクラシックなシルエットと独創的な視点が同居するワードロープが長きに渡って人気を集めています。

マルタン・マルジェラがデザイナーを務めた時代のエルメスの洋服は今でも根強い人気があり、年齢問わず全世界のファッショニスタたちがこぞって探しているアイテムです。

2005年~2015年頃まで

▼タグの特徴

・ブランド名・・・HERMES PARISが2行に分かれて記載。HERMESとPARISの間にあった「-(ハイフン)」がなくなる
・タグの特徴・・・正方形に変更。四隅は黒い糸で縫い付けられている、生産国はブランド表記とは別の生地に縫製されている

▼当時のデザイナー

ジャンポール・ゴルチエ(2005年頃)
ジャンポール・ゴルチエは1976年にフランスで自身の名を冠したファッションブランドを設立しました。
ゴルチエは1952年にフランスに生まれ、独学でファッションを学びました。その後、デザインのスケッチをスタイリストに送ったことをきっかけに、ピエール・カルダンに認められ、1970年にメゾンに入ります。
1976年に初のアクセサリーコレクションを発表し、同時にプレタポルテコレクションにデビュー。1976年にジャンポール・ゴルチエ社を設立、独立しました。

マドンナの舞台衣装やSUPREMEとのコラボレーションなど、クリエイティブな活躍を続けるジャンポール・ゴルチエ。アバンギャルドでパンクの精神を持ち合わせ、個性的なアイテムを手掛けています。

▼クリストフ・ルメール(2011年以降)
フランス・ブザンソン出身のクリストフ・ルメールは1990年に自身と同じ名のファッションブランドを立ち上げました。
彼は文学を専攻後、ファッションに転向。アトリエ・セーブルを卒業した後、ティエリー、ミュグレー、イヴ・サンローランのデザインスタジオを経て、1986年から1990年は、ジャン・パトゥ、クリスチャン・ラクロワのアシスタントとして活躍。
1987年にはギャラリーラファイエット財団賞、Andam賞も2度受賞し、2002年にはラコステのアーティスティックディレクターに就任。ブランドの再生に貢献しています。

日本人も馴染み深いUNIQRO Uのデザイナーを務めるクリストフ・ルメール。
着る人の個性を生かすための強さと静寂の完璧なバランスを追求したデザインが特徴的であり、根強い人気を誇っています。

■最後に

ブランドタグとデザイナーの年式での移り変わりを覚えていれば、今までとは違った視点でエルメスの洋服を見ることが出来るのではないでしょうか。
もしかしたら、好きなデザインは全て同じデザイナー、なんてこともあるかも知れません。

自分の好みに合ったエルメスの洋服を、年式別・デザイナー別に探してみてはいかがでしょうか。

HETREGO(エトレゴ)

■コンサバ・きれいめ派必見! きちんとしたい日に映えてバッチリ防寒もしてくれます。
イタリアで100年の歴史を誇る老舗ダウンメーカー「MINARDI」社が手がけるファクトリーブランド。イタリアらしい攻めたデザイン、美しい発色、ハイクオリティダウンの3つを兼ねそなえつつ、徹底的にコストを抑えることができるのはダウンメーカー発だからこそ。
ファッションの聖地「ミラノ」に映えるエレガントなダウンコートが揃っています。

エトレゴで人気のダウンコート

エトレゴSKYLARK

【SKYLARK】
エトレゴで毎年完売するほど人気がある定番ダウンコートがこの「スカイラーク」。膝丈上+ウエストシェイプの女性らしいシルエットが自慢。しかも衿元にはフォックスファーを贅沢にあしらうことでラグジュアリーな大人らしい仕上がり。
お仕事・お出かけ・ママのきちんとしたい日まで、シーンも選びません。


エトレゴCHEVY

【CHEVY】
女性らしいAラインシルエットと、ほんのりある光沢感がとても上品なダウンコート。
衿元には同色ラビットファーでリュクス感も◎。長すぎず短すぎずバランスのいい着丈は、スカートとの相性もバツグンです!


エトレゴQUEEN

【QUEEN】
カジュアルな雰囲気のモッズコートもエトレゴならば「高級感+女性らしさ」のあるカジュアルに。
ほどよく光沢感のある素材とリッチなファーは、まさにオトナこそ似合うモッズコート。上品な紺色、大人かっこいいカーキ色の2色展開。