荊楚あぜ道の上は春は暖かくピエタもない

北国の春は寒くて、あぜ道の上の荊楚は春の意が早くて、至る所に黄金の甲を羽織って、桃の花はゆったりと甘えて、景色はちょうど美しくて、情は微妙で、一緒に誰と、共に良いことを鑑賞しますか? –題記

すでに立春になっているが、北方のジルーの大地にとっては、依然として寒々としていて、悲しくて惨憺たるもので、少しも暖かさがない。

嫌で、暖かくなって寒さが戻ってきて、夜は少し涼しくて、最も息を止めることができません。 不愉快で、一晩中風が吹いているのを聞いて、朝になっても、まだ冷ややかで、花の枝がいっぱいになっていない。 さらに不愉快で、綿入れの包みはまだ眠くて、解决しようとしたが、まだ冷たいニュースが伝わっていた。 待って待って、何日の気温を考えますか? 時期は待ちに待っているが,春日和が近いことを考えるだろうか。 朝な夕な,何思夢の中の羅チュールスカート?

北国は振り返るに堪えない中で,寒さは依然として変わらない。。 しかし楚南あぜ道の上を見て、景色は悠々としていて、鳥はさえずり、情糸のボタン、一面の錦繍は荆州に入っています。

一筋の清風をまじる軽やかなあぜ道は、湖の久しぶりの波を暖かく吹く。 意図的に記憶の荒涼を封じることはなくて、よりによって暗い眉を隠して、かつての過去をロックします。

鳳凰台憶吹簫、一曲鳳求鳳凰演繹千年哀傷、千年の寂しさは千年の心の腸を訴えきれない。 あなたと私は元気で、夢を同郷に誘って、酒を軽く歌って赤い化粧をします。

春の夢が絡みつき,春の情が醸し出され,虚虚実実,考えてはならない。。 夢が西の世界にならなければ,この世で二重になることは難しい。。 春風がそっと頬をなでると、ゆっくりと柔郷を覆い、両瞳で春を切り、一人、一景、一黄梁を切り出した。

あぜ道の上に香りが漂っているのを嗅いで,菜の花が咲いているのを見て,あたり一面黄金色である。

極目の遠く、幾重にも細かい波が立つ。それは誰の家の小さな娘が、金の海の中でひらひらと踊る。秋の悲しみ、冬の寂しさを忘れ、三時の良辰を断ち切り、一季に咲き乱れる。

長沙堤、黄金岸、ショーケース、流れて帰ることを忘れています。 酔って花の間に寝そべって、歌を歌って夜を歌って、年を背負ってはいけない、今を背負ってはいけない、春の意気込みを背負ってはいけない。

欄干にもたれて、一面の黄ばんだ色を見て、空を見上げて、垣根は1面の情の長さを遮ることができません。 指先は軽くあの柔らかい蕊に触れて、耻ずかしさの中でかすかな媚を透き通っています。 蝶は二人でうろついているが、あなたの情熱的な美しさからはなかなか飛べない。 あなたの映日清輝に夢中になって、更にあなたのこの梦の中の香りに絡みついて。 あなたは牡丹の貴重なものではありませんが、清新で、自然で、人の心に染み込んでいます。 あなたは百花の甘美さがなくて、春先の魅力的な酔いを持っています。 あなたは花のようではありませんが、料理の中の花魁です。あなたを爱するために多くのことを言う必要はありません、ただあなたが身を舍ててあの純粋な涙になって、後悔したことがなくて、世は輪廻します。

一季の香りを挽いて悠々としたあぜ道の上で、一冬の寒さがすっかり抜けて、誰が満園春菲を許することができます。

桃の花、その華を灼熱して、婉曲に水を立てて、花の紅粉蕊、独占的に媚びて、幽谷平川あなたは最も魅力的な美しさです。

誰が私に三生三世、十里の赤い化粧、花ろうそくの洞窟、錦被刺繍ベッド、同じ枕のオシドリ、共に優しい郷に入ることを許したのか。

誰が私の三生三世を許して、十里の桃の花、花の下で情話をして、酒を温めてお茶を煮て、詩を詠んで絵を描いて、夕陽の西下を見て流霞を染めて、君の情に背かず、妾の意に背かず、韶光の年華に背かない。

あぜ道の上の桃の花、十里の赤い、君と同を見ないで、しかし孤影鎖憂いの顔を教えて、涙があふれて、酒に酔って踊ります。

あぜ道の上の桃の花、春風を笑って、春風は彼女を笑ってあまりにも薄命で、一朝に吹いて落成して花の塚になって、誰が花の銘を起草します。

毎年また、毎年、桃の花の渡し場は空で待っています。 情悠悠、双涙流、長い空雁字情糸ボタン、碧水オシドリ交首游、どうして君が来ないで、独留紅妆相思痩せ。

緑一筋が荊楚のあぜ道を横切ったが,荒涼とした寂しさはどこへ行ってしまったのか,ただ青一色に風に向かって笑うように教えただけだった。

長い堤防を漕いで渡ると,長い堤防は緑のシャツをまとっている。 生け垣を渡ると,つるの生糸が綿々と絡み合っている。。 湖をこぎ渡ると,清水が青い波を漂う。 小川を漕いで、小川のそばで菖蒲が舞っていて。。。。。。。

この緑のヤナギを軽くすると、ヤナギは翠を吐いて薄い眉を描き、ヤナギの糸の脈は恥ずかしさを含んで垂れ下がっている。 聞いて、枝の上でうぐいすの鳴き声はもろくて、その声は人を酔わせて、まるで玉琴の曲が千回回って、弦が心の扉に入ってくるようです。 ほら、紫燕は翼より飛んで、尾は春の水を切って。 二人とも泥をくわえて巣を作り,ささやいて千秋の歳をさえずった。。

この緑が山川を軽くすると,山川は笑顔を見せる。。 さらに晴れ渡った空が青くなり,雲が雲を巻き上げて雲海がひっくり返る。。 この景色はちょうど美しく,恋心がない。 誰が長いため息をついて,余生の影は孤独であると嘆いたか。。 誰が,酒に酔って欄にもたれ,夢の中では眺めることができる。 誰だ、素筆落残箋、痴写三生縁。 誰、また長い夜長い眠りたくなくて、涙は枕のほとりに落ちて、更に心を煎じます。。。。。。春暖、まだ寒さを感じて、天を眺めて遠くて、天は果てしなくて、非情に切って、塵の縁を切って、青い糸が切れて、それから山水の間を云游します。

相思相待ち望んで、相痴相守して、また一年の春が来て、東君は弦を払って花を落としてやせます。 ほのかな影はほのかで,あぜ道の上の楚はいっそう憂いを添える。。

雨は春の酒のようで、芳草の葉が濃く、百花が枝をほころばせ、楊柳の情思悠に酔い、玉の人はまだ恥ずかしく、荆州に酔い、風流を数える。

そ愿,春暖,無殇;ひ、 花咲く、未央、 四時、吉祥; 美しい山河につつがない

Schreibe einen Kommentar

Deine E-Mail-Adresse wird nicht veröffentlicht. Erforderliche Felder sind mit * markiert.